きちんと登録されたカードローン業者かどうか調べよう

消費者金融などでカードローン商品を利用する場合、できれば大手で信用できる金融機関で申し込んだ方が安心です。
ですが中には何かしらの理由でどうしても大手のカードローン審査には通らないという人もいます。
カードローン審査基準も各社違いはありますが、その場合には中小の消費者金融などで申し込みを行います。
あまり知られていない中小の金融機関ですと、そこが本当に正規の金融機関であるのか不安に感じることも多いでしょう。
間違って闇金融などに申し込んでしまわないようにきちんと確認することが大切です。

 

複数カードローンや各種カードローンを扱っていても、闇金融などリスクの高いところは避けるべきです。
闇金融かどうか見分ける方法としては、まずはその金融会社が国もしくは都道府県に許可を得ている登録金融業者かどうか確認します。
登録していれば登録番号を持っているはずですので、まずはその番号が記載されているかどうか調べます。
ですが最近の闇金融は、そういった登録番号も詐称していることも多いですので、念のために金融庁のサイトから、その登録番号を入力し、本当に正規の消費者金融で、正しい登録番号であるかをチェックすることが重要です。
審査基準や審査内容も適当で、審査申込不要や即審査結果が出るような場合や銀行に却下されたのに好条件で融資というような場合は、闇金融の可能性もあるので調べてみましょう。

 

確かに手間に感じるかもしれませんし、急いでカードローンを利用したい時にわざわざ確認作業を行うのは面倒ですが、あとあとのトラブルなどに巻き込まれるのを防ぐために、ここは一度冷静になって確認しましょう。
きちんとした業者は、返済能力の無い人には融資可とはせず、融資サービスもしません。
中小でもちゃんとした正規の金融会社であれば便利に借り入れが行えることも多いです。

 

中には低金利キャッシングや無利息キャッシングなど有利な物もありますが、多少属性に問題があっても丁寧な与信で、現在の収入や借り入れ金などから判断して融資に通る場合もありますので、まずはきちんと確認して申し込みをしましょう。
大手金融機関など名が知れているところや、キャッシング比較などをしておくのもポイントです。
カードローン会社の口コミサイトでの情報収集も役立ちます。

 

登録金融業者とは?

貸金業では営業するために許可が必要になります。
各財務局もしくは都道府県に登録することが貸金業法で定められています。
貸金業を営むことを許可されている業者には番号が与えられます。
3年に1度更新することになっており、その更新回数も表されています。

 

例) □□知事(15) 第○○○号

 

( )の中の15という数字が更新回数です。
第○○○号というのが登録番号です。

 

主婦が借りれるのはどのカードローン?

消費者金融でお金を借りる場合、収入の有無が関係します。

 

申込み時に無職で収入のない専業主婦でも借りられるカードローンは銀行のカードローンのみ、申込み時にパートなので数万円でも収入がある主婦は銀行カードローンからも、消費者金融からも借りれます。
これは総量規制というお金の貸出に関する法律で定められています。

 

申込めるカードローンを知り、安心して借りれる金融機関であるか判断することが大切です。