カードローンの限度額の増枠はどうやるの?

今では急な出費ができても、カードローンがあるので助かります。
貯金が乏しいときは、なおさらです。

 

でも、せっかくカードローンを組んでいても、借入限度額が設定されているため必要な金額を調達できないこともあります。
つまり、急に20万円必要になった時に、融資限度額が13万円しか残っておらず、あと7万円が不足するようなケースです。

 

でも、心配は要りません。
カードローンには融資枠を増枠することができるシステムがあるからです。
利用者が望んだときに増枠はできるのでしょうか。
カードローンの増枠は誰でもが、いつでもできるわけではありません。

 

それほど難しいことでもありません。
なぜなら、増枠は次の2点の条件を満たしていさえすれば可能だからです。
その2点とは、まず一つは、最初の申込から、少なくとも半年ぐらい過ぎていることです。

 

そして二つ目は、その半年間ぐらいの間、契約書で約束した通り、きっちりと返済を続けていることです。
つまり、返済日を遅れたり、返済を怠ったりしていないことです。

 

こうしたことが無く、半年ぐらい順調に返済を続けている場合だと、増枠は可能になります。
幾らぐらい増枠になるか言いますと、たいていは1回につき10万円ぐらいです。
これだと、7万円の不足分は調達できることになります。
では、増枠の申し込みはどのようにしたら良いのでしょうか。

 

これについては、最初の借入申込のときと同じように、インターネット経由でも、電話でもできます。
それだけでなく、近くに無人店舗があれば、そこへ赴き、自動契約機を操作しても申しこみは可能です。
いずれの方法でも、申し込み時間によって増額分の即日融資は可能です。

 

複数の金融機関から借入がある人は借り換えを利用することで年利が下がりお得になる可能性があります。
借入限度額が低い融資をいくつも受けていると、それぞれ実質年率が高いため一社ごとに高い利息を支払っていることになります。

 

しかも何社もの返済日や返済額を把握して管理するのは大変です。
これらの借入額を合算して新たに借り換えすれば、利用限度額を大きくできます。
すると必然的に利率が下がるので、利息負担が軽減されるのです。

 

銀行系カードローンなら高限度額の借入も可能で、しかも総量規制対象外となっています。
消費者金融と比較すると低金利であることも人気の秘密です。
審査最短30分など、スピーディな対応も可能です。

 

 

安心して利用できるカードローン会社の見極め方