カードローンの返済期間に時効は存在する?

カードローンでお金を借りた場合は、その元金、利息ともに返済していかなくてはいけません。
順調に返済することが理想ですが、時にはその返済がうまくいかずに滞ってしまう場合があります。

 

うっかり返済日を忘れたりどうしてもお金の用意が間に合わなかったりして滞納してしまうという話はよくあります。
その後すぐに支払いをすればさほど問題にはなりません。
しかし何度も滞納を繰り返したり、督促に応じないようだと相手方も次の手を打ってきます。

 

契約書を交わして借金したのですから当然完済の義務があり、債権者は請求の権利があります。
滞納後はまず担当課から電話などで連絡がきますが、それを無視して返済を行わない場合は督促状が送付されます。
督促にも応じないと自宅に取立てが来ます。

 

その後全額一括請求となり、返済義務を全うする意思がないとみなされて差押えが行われます。
このように返済に窮したときには債務整理や自己破産という道をたどることになります。
同時にブラックリストに金融事故として記載されます。
一定年数経過した後に記録が抹消されるまで、金融会社からの借入を検討したくても審査には通りません。

 

借金にも時効があり、時効が成立した場合はその借金は払わなくて良いということとなっています。
カードローンの時効はどれぐらいなのかということとなりますが、債権者が5年以上その権利を行使せずに放置しているとその借金は時効となり、支払いの義務はなくなります。

 

では、カードローンの借金を5年間支払わなければ良いのかというと、そういったことではなく、債権者からは何らかの形で請求があり、5年間何のアクションも起こしてこないということはありえないと言えます。

 

請求が来た場合に一部でも支払ってしまうと時効とは言えなくなりますし、成立後も一部を支払ってしまったり、払う意思を伝えてしまうと時効の援用ができなくなる場合があります。

 

返済をせずに放置していると、さらに利息も増え、遅延損害金も発生し、さらに借金は膨れ上がってしまうこととなってしまいます。
そして未払いがあると、新たに出費が発生した場合にも他のローンの審査にクリアできないなど様々な問題が出てきます。

 

仮に時効を成立させることができたとしても、リスクもそれなりに多い方法といえるでしょう。
それゆえに返済せずに逃げ切ろうなどと考えず、返済できない場合は債務整理を検討するなど正しい方法で解決していきましょう。

 

 

安心して利用できるカードローン会社の見極め方