主婦・アルバイトでもカードローンに申し込めるの?

カードローンを利用したいと思っている人の中には主婦やアルバイトもいるに違いありません。
でも、そうした人たちは、収入が無かったり、あったとしても少ないために、申し込みに自信がありません。

 

つまり、申し込み資格が無い、と思ったり、仮に申し込んだとしても審査で落とされるのでは、と心配するのです。
そんな風に心配するのも当然かもしれません。

 

なぜなら、カードローンの申込条件の一つとして安定した収入があることが挙げられているからです。
専業主婦には自分の収入はまったくありません。
それにアルバイトだと、たとえ収入があったとしても、金額的に少ないため、決して安定したものとは言えません。

 

では、この両者は借入できないのでしょうか。
はっきり言うと、決してそんなことはありません。
たいていのカードローンは専業主婦でもアルバイトでも借入は可能なのです。

 

まず専業主婦ですが、この場合は本人に収入が無くても、配偶者に収入があれば申込ができるのです。
これは配偶者貸付と呼ばれるもので、配偶者の収入を証明できる書類を提出すれば、たいていのところが30万円ぐらいまで貸してくれます。

 

最近ではレディースローンなど女性向けのサービスを特長にしたカードローンが増えています。
正社員ではなくてもパート・アルバイトなどで定期的な収入がある人なら申込が可能です。
仕事を持つ主婦の利用者も多くなっています。

 

ただし専業主婦の場合、総量規制のため消費者金融は法律的に利用できません。
銀行カードローンは総量規制対象外なので専業主婦でも申込が可能な場合があります。
一定額までなら配偶者の同意書や収入証明書も不要で申込審査を受けられます。
限度額は決して大きくありませんが、銀行カードローンは全体的に金利が低く設定されているので返済しやすいといえます

 

次はアルバイトですが、こちらの方も銀行は無理なこともありますが、消費者金融だと、多くのところがアルバイトも貸し出し対象者として認めています。
ただし、申し込みの際には直近2か月分の給与証明書を提出しなければいけません。
これさえ提出できれば、10万円ぐらいまでの借入はOKです。

 

 

安心して利用できるカードローン会社の見極め方